痛風/高尿酸血症(つうふう/こうにょうさんけっしょう)

医者
痛風/高尿酸血症 人間の体は多くの細胞からできていますが、すべての細胞に遺伝子が入っています。 この遺伝子をつくっているのが核酸という物質です。 この核酸が分解されると尿酸が作られます。 尿酸は身体にとって不必要なため、腎臓から尿の中に排出されるのが普通です。 ところが、この排泄量が少なくなったり、または尿酸が多量に生成されて排泄が間に合わなくなると、血液中の尿酸量が増えてしまいます。 これが高尿酸血症です。 尿酸は通常、血液100ml中に約6.5mgまでは溶けますが、これ以上になると血液中に溶けずに尿酸塩の結晶となります。 そして血液100ml中に7mgの尿酸があれば、高尿酸血症と診断されます。 さらに、血液中で尿酸の量が増加した状態が続くと、主に足の関節や腎臓などに尿酸塩が付着します。 この...
詳細はこちらへ